髪のケア エイジングケア

髪の毛の洗い方によって頭皮のエイジングケア

 

年を重ねますと顔の皮膚の状態に変化が出てきて、スキンケアをしないと肌が乾燥したり毛穴が開いたりと、曲がり角を感じるようになります。
自分の目でも確認することができる体のパーツに関しては、肌の変化も分かりますので、スキンケアするにも気になる箇所ほど入念にすることもできます。

 

しかし見える箇所は入念にケアができても、そうでない部分は放置したままです。
とくに頭皮は他の体のパーツを同様に、年を重なれば肌にも変化が出てきます。
毛穴の汚れが溜まり塞がってしまったり、乾燥することによってフケが出てきてしまったり、頭皮が脂っぽくなってしまったりと人によって違ってきます。

 

40代ですと髪の毛もフサフサになっていることから、まだ頭皮ケアをしなくても大丈夫と他人ごとに思っていても、普段からの髪の毛の洗い方、乾かし方1つで変化が出てきます。
毛穴の汚れを放置しますと抜け毛が増えてきますし、女性でも最近は薄毛にも悩む声があることから、頭皮のエイジングケアもしっかりしないとならないです。

 

頭皮のケアをするには髪の毛や頭皮を洗って汚れを取らなとならないですが、ただシャンプーするだけではダメなのです。
しかもシャンプーを頭皮に付けてゴシゴシと洗ってしまいますと、頭皮に傷がついてしまうだけではなく、毛穴に汚れが付いたままになっています。

 

洗い流してもシャンプーが残ったままですと、毛穴にも残りカスが付いたままで塞いでしまい、新しい髪の毛が生えにくくなってしまうことから、洗い方にも気を使いましょう。

 

髪の毛を洗った後に、余計な水分をタオルで吸収させてドライヤーで乾かします。
毛の長さによって乾かすのにも時間が掛かり、長いほど気を使わないとならないですね。
ただ時間がなくてすぐに乾かしたい時には、タオルを使うにも摩擦力でゴシゴシと擦ったりドライヤーも高温ばかり使いますと、髪の毛の表面に付いているキューティクルが剥げてきて、傷むことで切れ毛になってしまうこともあります。

 

年齢が上がりますと髪の毛も細くなってゆき、髪の毛の乾かし方によっては傷みが激しくなってきますので注意したいです。
頭皮のエイジングケアという言葉にあまりピンとこないこともありますが、見えない部分だからこそしっかりケアすることによって、年を重ねても髪の毛の量に悩むことが少なくなってきます。
最近では男性だけではなく、女性専用の育毛剤やケア剤が販売していますが、体質によっては普段のケアだけでも薄毛予防になりますので、労わりのある髪の毛の洗い方をしてみましょう。

関連ページ

美髪のためのお手入れ
美髪のためのお手入れについてまとめてみました。チェックしてみてくださいね
傷ませないヘアケアをしよう
髪のケアをするなら、傷まないケア方法でやってみましょう
秋のダメージヘアを早く回復させる方法
秋のダメージヘアを早く回復させる方法を知っていますか?まとめてみました。
昔から使われている椿油でつやつやの髪に
昔から使われている椿油で髪のケアをする方法についてまとめてみました