髪のケア ダメージ

秋のダメージヘアを早く回復させる方とは?

 

暑い夏が過ぎて過ごしやすい秋に突入してくると、肌が乾燥したりシミが増えてきたりなど、夏の紫外線による様々な影響が出始めてきます。
これは肌だけでなく髪も同様で、秋に入ると髪のダメージが進みやすくなります。
紫外線は肌だけでなく、髪にも大きなダメージを与える元凶です。

 

夏場の紫外線は冬の約3倍ほどありますから、思った以上に強烈です。
髪表面のキューティクルを破壊して髪の内部にまで入り込んできて、髪を作っているたんぱく質を壊してしまいます。
そのため、髪が乾燥してぱさついたりゴワゴワになったりなど、秋になってから紫外線によるダメージを感じるようになります。

 

また、紫外線は髪だけでなく地肌にまで影響を与えます。
地肌の奥のコラーゲンを攻撃してしまって、頭皮の健康まで奪い健やかで美しい髪が育ちにくい環境を作ってしまいます。

 

そんな気になる秋のダメージヘアを回復させるにはまず、土台となる頭皮の健康を取り戻すのが大切です。
ダメージを受けている頭皮は毛細血管から栄養を得にくくなっていますから、これを改善してあげて頭皮の血行を良くしてあげましょう。
低刺激で無添加タイプのスカルプケア用シャンプーを使って、毎日のシャンプーを丁寧に行うようにしましょう。
新たに生えてくる髪の毛がハリとコシのあるツヤ髪になってくれますから、頭皮の回復のためにも日々のシャンプーが重要です。

 

傷んでしまった髪は自ら補修する力は持っていませんから、こまめなトリートメントで保護してあげるのが大切です。
栄養分をたっぷりと含み髪の内部から補修を助けてくれる有効成分が入っていて、髪質に合ったものを使いましょう。
また、トリートメントを使う回数は、いつもの倍くらいにしてあげると効果的です。
週に1回しかトリートメントしていないなら週に2回に増やすなど、髪が正常に戻れるまでヘアケアで潤いなどを与えてあげるようにしましょう。
ドライヤーの熱も傷んだ髪をさらに乾燥させてしまいますから、アウトバストリートメントやヘアミルク等の髪の保護に有効なものをつけてから行うのがおすすめです。

 

秋口のパーマやカラーリングはなるべく避けるのが無難です。
地肌も髪も弱っている状態ですから、パーマやカラーリングでさらにダメージを与えることになってしまいます。
これらには強い薬剤や染料などが使われていますから、髪と地肌に刺激が強すぎます。
なるべく控えるようにしてどうしてもヘアスタイルやカラーが維持できない場合には、美容師さんと相談してみて傷みの少ない方法で行ってもらうようにしましょう。

関連ページ

美髪のためのお手入れ
美髪のためのお手入れについてまとめてみました。チェックしてみてくださいね
傷ませないヘアケアをしよう
髪のケアをするなら、傷まないケア方法でやってみましょう
髪の毛の洗い方によって頭皮のエイジングケアにもなります
髪の毛の洗い方によって頭皮のエイジングケアにもなるって知っていますか?ご紹介します
昔から使われている椿油でつやつやの髪に
昔から使われている椿油で髪のケアをする方法についてまとめてみました