髪のケア 美髪

美髪のためのお手入れを公開

 

私はアトピー性皮膚炎などがあって、頭皮もフケが出やすかったり、髪の毛も抜けやすかったりするので、シャンプーやリンスにもかなりこだわっています。今使っているシャンプーはノンシリコンシャンプーです。後で痒みが出ないようにしっかり洗い流して、お風呂から出たら、ヘアクリームをつけます。このヘアクリームもなるべく自然の椿油などを使うようにしています。

 

そして、頭を洗ったら必ずドライヤーで髪の毛を乾かすことを心がけています。夏場など短髪だと扇風機で乾かす人などがいますが、ドライヤーを使って乾かすのとそうでないのとでは次の日の艶が全然違います。ドライヤーを使うと同時にヘアブラシも使って、私の髪の長さは肩くらいまでなのですが、朝起きて外ハネにならないように、内巻きにして、半乾きの部分がないようにしっかりと乾かします。
朝のケアとしては、寝癖直しで軽く濡らして、寝癖があれば夜と同じようにドライヤーとヘアブラシを使って整えます。私が最近意識していることは、櫛ではなく、ブラシを使うことです。なぜかというと、単純に櫛よりもブラシの方が髪の毛が絡みにくいからです。また根元からではなく、毛先からブラシをかけるようにしています。

 

これは今がストレートヘアなのでこのような手入れをしていますが、時々パーマをかけるので、その時は夜は少し半乾きの状態にして、朝はまた髪を濡らして、ムースで形を整えたりします。継続してパーマをかけたいなと思いますが、髪の毛が痛むので、暑くて髪の毛を括ることの多い夏はあまりパーマをかけず、髪の毛を下ろしていることの多い秋から冬にパーマをかけるようにするのも美髪を心がける上で気をつけています。

 

また頭皮が乾燥したり傷んでいると生えてくる毛もチリチリしていたりして、最近は悩んでいるので、頭皮の乾燥を防ぐために頭皮につけるクリームみたいなものをつけ始めました。

 

最後に肌と同じで、体の中が乾燥してしまうと、髪の毛に対しても良くないのかなと勝手に思っていて、水分も1日2リットルくらい摂るし、バランスのよい食事と適度な運動を心がけています。というのは、同い年や私より年下の子でも、白髪が生えてきて悩んでいる子が結構いるからです。ストレスがかかるのも良くないそうなので、上手にストレスも発散しなければいけないなと感じています。幸いにも今のところ私は白髪が生えていないので、黒い艶髪がキープできるよう、体の中から労ってあげるようにしています。

関連ページ

傷ませないヘアケアをしよう
髪のケアをするなら、傷まないケア方法でやってみましょう
秋のダメージヘアを早く回復させる方法
秋のダメージヘアを早く回復させる方法を知っていますか?まとめてみました。
髪の毛の洗い方によって頭皮のエイジングケアにもなります
髪の毛の洗い方によって頭皮のエイジングケアにもなるって知っていますか?ご紹介します
昔から使われている椿油でつやつやの髪に
昔から使われている椿油で髪のケアをする方法についてまとめてみました