昔から使われている椿油でつやつやの髪に

昔から使われている椿油でつやつやの髪にする方法

 

 

今までいろんなヘアケア用品を使ってきましたが、ドラッグストアで何度か見かけた「椿油」が気になり、2年ほど前から使っています。
椿油というと昔っぽい、古いイメージの強い方も多いと思いますが、椿油は実は貴重なオイルで、ヘアケア以外にもクレンジングや顔のマッサージ、頭皮マッサージにも使えるオイルなんです。

 

そのくらい肌にやさしく、潤いを与える効果の高い椿油ですが、それだけ純度の高いものになると1000円から1500円以上はするので、昔からある椿油ですが意外と高いものでもあります。

 

ドラッグストアで販売されているものは、少ない容量のものから大きな容量のものまでありますが、お試しで使ってみるなら小さいサイズのものを使って使用感を試してみることをおすすめします。

 

椿油はだいたい150mlで1500円ほどしますが、使用量はほんの2、3滴の量でしっとりと潤うので、1つ買っておくとだいたい1カ月くらいは持ちます。
そう考えると他のヘアケア用品と変わらないか、少しお得にも感じてきます。

 

椿油を使ったヘアケアの一例として、毎日できるヘアケア方法ですが、この方法でヘアケアをするようになってから髪のパサつきが改善され、まとまりやすくなりました。

 

ヘアケア方法というのは、他のヘアケア用品とほぼ同じですが、お風呂のあとタオルドライした髪に2、3滴の椿油をなじませてドライヤーで乾かすという方法です。

 

あまりたくさんつけてしまうとべたっとした重い仕上がりになってしまうので、初めは少ない量から始めることをおすすめします。
そして、翌朝のヘアセットのときに髪の状態をみて2〜3滴ほどなじませてドライヤーなどでセットすると、つるんときれいなまとまった仕上がりになります。

 

今まで髪を伸ばしたいと、美容室に行くのはだいたい半年に1度のペースでしたが、伸ばしたいといいつつ、「傷んでるからこのくらいはカットしたほうが・・・」と言われて、せっかく伸ばした髪も10センチくらい切ってしまうことがほとんどでした。
10センチも切ってしまうと、伸ばした分をほとんどカットしてしまうので、再びやり直しに近いです。

 

ですが、椿油でのヘアケアを始めてから髪の乾燥を防ぐことができたせいか、髪のパサつきだけでなく傷みも少なくなりました。
美容室では毛先にデジタルパーマをしてもらっているのですが、「髪が傷みやすい」と言われるデジタルパーマをしても、椿油でヘアケアをするようになってからきれいな仕上がりが続くようになりました。

 

それ以来、もう2年ほどになりますが椿油でのヘアケアが合っているので、欠かせなくなりました。
月に2、3回椿油で頭皮マッサージをすると頭皮もすっきりするので、1つで何役も役に立つので便利なヘアケアアイテムです。

関連ページ

美髪のためのお手入れ
美髪のためのお手入れについてまとめてみました。チェックしてみてくださいね
傷ませないヘアケアをしよう
髪のケアをするなら、傷まないケア方法でやってみましょう
秋のダメージヘアを早く回復させる方法
秋のダメージヘアを早く回復させる方法を知っていますか?まとめてみました。
髪の毛の洗い方によって頭皮のエイジングケアにもなります
髪の毛の洗い方によって頭皮のエイジングケアにもなるって知っていますか?ご紹介します